建物や土地の相続ってどうなるの?

相続手続きについて難しいと感じる方は多いと思います。そういう場合はななみ都市開発などの専門家に頼ってみましょう。 - トラブルや分からないことも多い相続について

トラブルや分からないことも多い相続について

trhtrth
「相続」というと、直接的な金銭の問題というイメージが強いことと思います。
しかし、そればかりではなく土地を相続として受け継ぐケースもあるでしょう。
金銭と比較をすると、土地の相続ケースの方が多いのです。
こちらにおいては色々と難しい点があるかと思いますので考えていきましょう。

争いの発端となるケースも

親や親族が亡くなった後の財産が土地しかないという場合、相続人同士で土地を分けるというのが基本的な部分ではあります。
しかし、土地ですから分けるといっても難しくなることが多いのです。
このことから、相続上の争いごとがおこりやすいということが考えられるのです。
原則として、相続人として指名されるのが配偶者と子供であるかと思いますが、兄弟が複数居た場合などは特に分けるのも難しくなってくるでしょう。
1つの土地を分割するというのは無理なことが多い上に、土地のみではなく家屋などの建物が建っていることが多いのではないでしょうか。
出来れば、こうした争いごとが怒らないためにも、生前にしっかりと遺言書を作成しておくことが大切となってくるでしょう。

地価によっては相続しきれない場合もある

建物が無いにしても、土地そのものに財産価値というものは存在しています。
ただし、現金として残っているわけでもありません。
だからこそ、相続税の問題というものも出てきてしまうのです。
この相続税に関しては、相続人が「現金の一括払い」で支払わなければなりません。
このことでお分かりかと思いますが、自分の手元の資金から相続税のお金を用意するということになるのです。
土地の価値などによってはかなりの金額を用意しなければならないケースも多く、そうした際「相続したくても相続できない」という人たちが出てきてしまうのです。
また、先のような人たちが多く頭を抱えている状況でもあるのです。
さらには、この相続税のほかにも土地や建物を相続した場合には固定資産税なども支払わなくてはなりません。
こうした負担がかかることで更に困る人たちが増えてしまうというわけです。

相続税の対策について

相続人が頭を悩ませてしまわないようにするためには、やはり「相続税対策」を生前から行っておくことが重要といえるでしょう。
遺言書の作成も対策の1つとして取り入れていきましょう。
また、他の手段としては相続税が支払えないということが怒らないように現金で財産を残しておくこと。
相続税の控除可能な保険に加入しておくことも基本的な対策方法といえるでしょう。
他に考えられるものとしては、生前から少しずつ贈与を行うというスタンスです。
こちらにおいては、相続税がかからない資産を小分けで贈与をすることによって、その現金を相続税の支払いにあてることができるわけです。
移動することで相続対象の資産を減らすこともできますし、相続税そのものも減額させることにもなりますので有効的な手段といえるでしょう。
自らが築き上げた財産を残したい・大切な人に残したいという気持ちは皆さんもお持ちのことでしょう。
だからこそ、そうした人たちが困らないような手段を生前のうちにたてておくということも必要なのではないでしょうか。

名義変更は義務なのか

相続したふどうさんるいを相続人名義に必ず変更しなくてはならないと思っている方も多いかもしれません。
全体を通してみると、変更を行うという方は確かに多いようでは在りますが、義務というわけではありません。
ですから、例えば親や親戚の名義の家に住み続けたとしても何かしらの罪に問われることはありません。
しかし、一方で不便なところも出てきてしまうでしょう。
考えられることとしては、不動産売却などは本人名義でないと行えません。
土地や建物を資産運用したいと考えている場合においては、名義人を変更する必要性が出てくるのです。

登記などの手続きについて

まず、相続をおこなったら所有権が相続人に移ります。
名義を変更するという場合は「相続登記」を行っていただくことになるでしょう。
こちらは、どんな状況で相続したかによって登記に必要な書類が異なりますので覚えておくと良いでしょう。
法定相続人どおりの相続登記・遺産分割協議における相続登記・遺言書による相続登記の3種類があり、ケースに沿った登記方法を行いましょう。

難しく感じることも多い相続手続き

こうした相続についての必要な書類やそのほかの知識などについては、一生のうちによく行うものでもありませんから、分からないという方も多いでしょう。
そんな時は、専門家に任せるというのが良いかもしれません。
ななみ都市開発は、知識豊富な専門家たちが丁寧に対処してくれるのです。
代行なども行ってくれますので、忙しくて相続手続きが進まないなどという時にも便利かと思います。
相談だけでももちろん受け付けていますので、自分自身だけでは不安だという方は利用してみてはいかがでしょうか。
ななみ都市開発ブログ⇒http://blog.livedoor.jp/real_estate773/archives/1638538.html

Copyright(C)2016 建物や土地の相続ってどうなるの? All Rights Reserved.